最新の投稿

アーカイブ

大学生の就活状況

ベンチャー企業

日本の企業の定期採用が新卒4月となっているため、大学生は3年生の秋になると就職活動を開始しています。
このため、本来一生懸命勉強しなければいけない時期が犠牲になっています。
また、学力の低下や本来学ぶことが学ばれていないとの指摘もされています。
時期が早すぎる不具合は大きいので、企業でも採用時期を遅らせて、学生の本分である勉強ができるようにする動きも出てきています。
こうしたことは一社でも抜け駆けすると成り立ちませんので、目に余る行為をした企業は公表する等の措置が必要です。
少子高齢化が進み、生産人口が減少しているうえ、企業業績も回復基調にあるので、採用数も増加傾向になっています。
しかしながら、最近の若者は安定志向が強いせいか大手企業への入社希望が多く、中小企業は採用で苦労をしています。
IT系のベンチャー企業もそういう意味では今後の成長は期待できても、安定という面ではかけているため、大学生の就職希望が多いとは言えないようです。

覚悟も必要

もし大学生がIT系のベンチャー企業への就職を考えるとすれば、相当な覚悟が必要だと思います。
アメリカにはベンチャーを起業して、大成功をおさめ、億万長者になった人がたくさんいます。
彼らは皆、学生時代にスキルを磨き、独自のビジネスモデルを構築し、世界中に受け入れられて成功を収めています。
最近は日本でも、大学時代にITを使ったビジネスモデルを構築して、起業する人が出てきています。
しかしながら、起業することとその会社に入社することでは大きな違いがあります。
会社の組織はまだ成長過程ですから、働く環境や福利厚生は未整備な場合もあり得ます。
社長は事業を起こしたくらいですから自己主張が強くワンマンかも知れません。
一方、少ない人数で事業を進めているはずですから、入社早々の若い人でも戦力として期待されているはずです。
早い時期から、プロジェクトリーダーについて、大きな仕事に取り組むことができる可能性があります。
会社は安定性を欠いていても、仕事のやりがいは大手企業に就職する余地は大きいことが多いと思われます。

オススメリンク

ベンチャー企業に就職したいならこちらのサイトをチェックしましょう|ベンチャー企業に強い就職サイトはこれだ!

取引成立

年収について

ベンチャー企業と言ってもその種類は多様です。
就職を考える場合掴んでおきたいのは年収の問題です。
こうした会社はどのくらいのお給料をもらえるものなのでしょうか。
まず、最近の花形は何と言ってもIT関係です。Read more

関連リンク

カテゴリー

カレンダー

2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031